タベサクの食レポブログ!

日本(と時々海外)で印象的だったお店の料理を主観全開でレポートします。うん万円する鉄板焼き料理から、メイド喫茶の魔法がかかったスイーツまで!

食レポ#023 年1回ペースで行ってる大阪。数あるグルメの中でも最初にオススメしたいど定番グルメ!"自由軒 難波本店"[大阪編その1]

ドライカレー&生卵という超シンプルな組み合わせなのに、また食べたくなってしまう唯一無二の味"名物カレー"

f:id:tabesaku:20170309190617j:plainSince 2007〜

私が初めて大阪を訪れたのは大学4年の夏、月に1度金曜の夜に開催される"Hook Up!"というダンスバトルにエントリーするためだった(結果はもちろん予選落ち)。その後寄り道感覚での観光で大阪の魅力に一瞬で嵌ってしまい、それから1年に1度のペースで大阪を訪れるようになった。観光の主な目的はもちろん食だが、ファッションやエンターテイメントでも魅力的なスポットは数多くある。

ファッション事情としては、"堀江"というオシャレに敏感な大阪の若者が集うエリアがあり、ここでしかお目にかかれないアイテムも数多く存在する。私は、"ROCKS"というヨーロッパ等から取り寄せたインポートアイテム専門店が一番のお気に入りで、大阪を訪れた際必ず立ち寄るお店の一つだ。

続きを読む

食レポブログを始めて1ヶ月!これからも色々な国で食べた料理をレポートします!

どうも、タベサクです。このブログを始めて、早いもので1ヶ月が過ぎました!2017年2月9日からスタートして現在までのアクセス数などの諸々のご報告をします。

 

2017年2月9日〜3月11日まで
総アクセス数:241
はてなカウンターでのトータルアクセス:416
はてなカウンターでのトータルユニークアクセス:345
投稿数:24
読者:4
はてなスター獲得総数:22

 

う〜ん、やはり本腰入れてブロガーをやっている方々に比べるとまだまだ全然ですね。開始1ヶ月で数千PVがいかにすごい事なのか身にしみて実感しました。ご覧頂いている方、はてなスターをつけてくださる方、本っ当に励みになってます!僕にとってブログを続ける原動力になってます。感謝感謝。

それにしても、食レポブログ書くの楽し〜〜い〜〜!!!

 

これまでの経緯とやったこと

1.はてなブログProへ移行&独自ドメインを取得した

この食レポブログは、シリーズ化して長期的に続けようと強く決めていたので、2月21日には早々とはてなブログProへ移行し、同時に独自ドメインを取得しました。

続きを読む

食レポ#022 新しいラーメン屋を中々開拓しないのは、ずっとこのラーメン屋が好きだから!"野方ホープ"

背脂の浮いた濃厚スープ!噛みごたえ満点の太麺!ヘルシーでシャキシャキの大盛り野菜!"温野菜ラーメン"

f:id:tabesaku:20170308220354j:plainSince 2005

私は、昔から今に至るまでずっと変わらず麺好きである。米よりパンより何より麺類が好きなのだ。中でもラーメンは、小さい頃は一番の大好物だった。しかし年を重ねるにつれ、うどんや蕎麦などの他の麺類に浮気したり、健康診断で度々引っかかったりするようになってから、ラーメンを食べる機会は徐々に減っていった。

 

今は、年に10回くらいしか食べる機会がないと思う。食レポブログを立ち上げたにも関わらず、新しいラーメン屋の開拓は年にたった5軒ほど。本当は、もっといっぱいラーメンを食べたいのだが、どうしても健康への心配が頭をよぎってしまうのだ。こんなことでは、食レポブロガー失格である。こんなにラーメン屋の開拓が遅れているのは、それもこれも何度も食べに行きたくなる"野方ホープ"が悪いのだ

続きを読む

食レポ#021 横浜中華街なのにカレー?数年前からTVで何度も紹介されている人気店"元町・中華街 保昌"

トロみの強いテッカテカのルーが期待を煽る。中華料理とカレーの華麗なるコラボ"牛バラ肉カレーご飯"

f:id:tabesaku:20170308145411j:plain2016.Jun

私がこのお店の存在を知ったのは、2014年に日テレで放送された『月曜から夜ふかし』のカレースペシャルの回だった。世間では甘口派と辛口派のどちらが多いのか、カレーを食べると加齢臭が抑えられる説、カレーを食べるとIQが上がる、などカレーを切り口にした数々の企画で最初から最後まで突っ走っていた事を今でも覚えている。そんな回で紹介されたカレー屋の中で最も興味を持ったお店が、横浜中華街にある中華料理屋"保昌(ほしょう)"である。

続きを読む

食レポ#020 最近のマイブームおやつ!週一ペースで入り浸ってます"サンマルクカフェ"

シロノワールが食べたいけど、近所にコメダ珈琲が無ければ、サンマルクでこれ食べれば良いじゃん"デニブラン和風あずき"

f:id:tabesaku:20170308143911j:plain

前に勤めていた会社までの道の途中にあったり、前に住んでいた場所の最寄駅の近くにあったり、習い事先の最寄駅のすぐ目の前にあったり、なぜか私の人生の中で高頻度で出くわすカフェが、"サンマルクカフェ"である。サンマルクカフェと言えばサクサク記事とビターテイストのチョコの組み合わせが素敵な"チョコクロ"が有名だが、他のスイーツメニューも中々あなどれない美味しさだ。街のいたるところにあり、フードもドリンクもリーズナブルなのも魅力である。今回は、最近私が誇張抜きで週に一回は必ず食べている"デニブラン"をご紹介したい。

続きを読む

食レポ#019[台湾編最終回] 台北で食べた朝飯・昼飯・おやつ・夕飯4店舗を一挙にご紹介!

2016年に行った台北の食レポ記事ですが、1品1記事形式で書いていくととてつもない数になってしまうので、朝から夕飯までに食べた料理を4店舗ぶん一気にまとめてご紹介します!そして、本記事で台湾編最後の食レポ記事とさせていただきます。笑

f:id:tabesaku:20170308105353j:plain1.朝飯編

朝の食堂は、台湾人の朝のエネルギー補給所。現地の人間模様を眺めながら優しい味に浸れる台湾朝食!

台湾では皆、朝食は外で済ませることが当たり前になっているという。実際、街のそこかしこに定食屋や出店があり、朝方は現地の人々でいっぱいだ。昔、台湾がまだ貧乏だった頃は、人々にとって食はとても重要なもので、挨拶に付け加えて『ご飯食べた?』と言い合っていたほどだ。また、現在では共働きの家庭が増え、朝食を家で作る時間がない事も一因なようだ。昨今は台湾でも物価上昇が叫ばれているが、そんな中でも食(特に朝食を食べる店)はそれでもなおリーズナブル。日本円にして100円程度で、充分すぎる朝食がとれる。

続きを読む

食レポ#018[台湾編その5] 台北はおしゃれ本格カフェの宝庫!滞在中特に印象に残った4店舗をご紹介

意外と言っては失礼だが、実は台北はおしゃれなカフェの激戦区で、そこかしこに本格的なコーヒーを淹れてくれる個性豊かなカフェが存在する。

3泊4日の台北滞在中、10近くのカフェを訪れたが、一部のお店で写真を撮り忘れるという致命的なミスを犯したため、今回は写真として記録に残った4店舗を紹介したい。

1.電脳街のすぐ近くにある居心地抜群のシンプルカフェ"蘿菈愛咖啡 Rola I Coffee" / 忠孝新生駅

f:id:tabesaku:20170304223039j:plain

華山1914(正式名称は華山1914文創產業園區)は、その名の通り1914年に作られた国営のお酒工場の跡地をリノベーションした、文化・商業施設である。レンガ造りの倉庫の中を改装し、雑貨屋やカフェ・ギャラリー等、台北の最先端の流行に触れられるスポットだ。

続きを読む

食レポ#017[台湾編その4] あの千と千尋の神隠しのモデルにもなった、台湾の有名過ぎるスポット"九份"に行って見た

台北滞在3日目、私は迷っていた。台湾の定番中の定番スポットである"九份"ヘ行こうかどうかを決め切れずにいた。

 

"九份"は、台北から北東の山奥にある小さな街で、かつて東洋随一の金鉱があった金瓜石から近い位置にあって繁栄していた。その後戦後を迎え、金鉱が閉山し、街は衰退したのだが、それが幸いしかつての古き良き時代の雰囲気が手付かずのまま残り、今や人気観光スポットの一つとなっている。もはや取り上げていないガイドブックなど存在しないと思うので、詳しくは是非調べてみて頂きたい。

 

何より、日本人にとってはジブリ映画の"千と千尋の神隠し"のモデルとなった街という認識が最も強いのではないだろうか。しかしながら、私は千と千尋の神隠しを1回だけしか観たことが無く、全くと言って良いほど思い入れが無い。しかも、常に観光客でごった返しが予測される九份に、果たして行く価値はあるのだろうか…。しかし、好奇心が勝り、せっかく台湾まで来たのだからと、その日の朝に行く事を決意した。

続きを読む

食レポ#016[台湾編その3] 常夏の台湾はドリンクの宝庫!喉が渇いたら気軽に入りたい"春水堂"

モチモチでプニプニのタピオカは、噛み応え抜群でもはや飲み物ではなく食べ物"タピオカミルクティー"

f:id:tabesaku:20170301104613j:plain2016 Oct

常夏の台湾では、実に様々な種類のドリンクが至る所にある。鉄板のタピオカミルクティーを筆頭に、パパイヤやパイナップルなどのトロピカルフルーツを使ったジュースも人気だ。ところが、台湾の街並みは和洋中様々な様式の建物に台湾語の看板がベタベタと貼られているカオスな状態なので、ドリンクを販売しているショップの存在に中々気づきにくい。事前に気になるお店を地図上にメモしておいて、喉が渇いたり疲れた時に近くにいいお店が無いか探す、という方法をオススメする。

続きを読む

食レポ#015[台湾編その2] 現地の人にも観光客にも大人気!台北のポピュラーなファストフード"台北 阿宗麺線"

ハマる人はとことんハマる味。日本人にも馴染みがある、かつおダシの効いた台湾版にゅう麺"麺線"

f:id:tabesaku:20170227184825j:plain

2016 Oct

3泊4日の台湾旅行中は、とにかくとことん歩いた。そもそも台北市内はコンパクトな街なので、その気になれば数駅分くらいであれば歩いての移動も出来る。また、Googleマップで事前にブックマークしていた観光スポットがものの見事にまんべんなく広範囲に散らばっていて、その全てを回ってやろうと思っていたので、必然的に歩き回らざるを得なくなってしまった。もちろんこれは体力に自信があればの話なので、鉄道やバスを使ったほうが断然移動は楽である。台北市内の鉄道MRTは、1回40円〜程で利用できるので、日本の鉄道よりはるかにリーズナブルだ。

続きを読む