読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タベサクの食レポブログ!

日本(と時々海外)で印象的だったお店の料理を主観全開でレポートします。うん万円する鉄板焼き料理から、メイド喫茶の魔法がかかったスイーツまで!

食レポ#032 日本でも本場に負けないピザは食べられる!イタリアに行ったタベサクがオススメする国内のウマいピザ屋"中目黒 アルタムーラ"

塩味のきいたモッチモチの生地は耳までウマい!素材の力だけで勝負するシンプルピザ"マルゲリータ"

f:id:tabesaku:20170326082807j:plain

前回・前々回とイタリアの料理を紹介してきたが、ここで一旦日本のレストランに話を戻したい。前回の記事で「日本でも本場イタリアに引けを取らないくらい本格的で美味しいイタリアンレストランは数多く存在する」と言ったが、じゃあ一体それはどこなんだ!という問いに答えたい。

続きを読む

食レポ#031 たった7€のピザが、日本で食べた全てのピザを超える味だった"マテーラ Oi Marì"[1stイタリア編 その2]

トマトソース・モッツァレラチーズ・バジル・ピザ生地 全ての素材のポテンシャルがオール100点満点の芸術的ピザ"マルゲリータ"

f:id:tabesaku:20170325002734j:plain

2016.Sep

イタリア旅行2日目、私たち夫婦は早朝にホテルを後にし、マテーラという都市を目指した。ローマテルミニ駅で鉄道の出発を待つ間、駅構内のカフェテリアで流し込むようにカフェラテとチョコクロワッサンを頬張る。これが数百円の代物とは思えないくらいうまい。イタリアに限らず、スペインなどのヨーロッパ圏はそのへんのカフェやベーカリーで売ってるクロワッサンがビックリするくらい美味しい

続きを読む

食レポ#030 人生初のイタリアでの食事は、ローマ到着の夜にフラッと入ったお店。これが大当たり!"Ristorante Mensa di Bacco"[1stイタリア編 その1]

プリプリを超えたプリプリ!それ以上の形容詞をつけようがないムール貝の大盛りパラダイス"シーフードパスタ"

f:id:tabesaku:20170324002451j:plain

本記事から数回に渡り、2016年9月に行ったイタリア旅行で訪れたお店を紹介していこうと思う。初めにこれだけは言っておきたいが、ピザやパスタを始めとしたイタリア名物料理は、人生で一度は必ず現地で食べてみてほしい!日本にも本場に引けを取らないイタリアンが味わえるお店はたくさんあるが、それでも現地の料理にはやっぱりかなわない!そう思わされたお店がたくさんあった。

続きを読む

食レポ#029 東京ベイ舞浜ホテルの朝食バイキングで個人的にイイね!と思った10のこと

吹き抜け天井から降り注ぐ自然光の中で優雅に朝食を楽しめる!"ファイン・ビュッフェ"

f:id:tabesaku:20170323100024j:plain

私はここ数年、ディズニーランド/シーに遊びに行った時は必ずお泊まりディズニーにしている。遊び疲れた後電車で帰る面倒臭さも無いし、パーク内の余韻を残したままホテルで優雅に酒が飲める。翌朝はバリエーション豊かな朝食バイキングを楽しめるし、イクスピアリで映画を鑑賞していく事だってできる。個人的には、数ある娯楽の中でも最高峰の時間とお金の使い方だと思っている

続きを読む

食レポ#028 ディズニーシーの豪華客船で優雅なディナータイムを過ごしたい方へ"東京ディズニーシー S.S.コロンビア"

ちょっと奮発すれば、ディズニーの中でも本格的なコース料理を味わえる!"シェフのおすすめディナーコース"

f:id:tabesaku:20170319220853j:plain

私は、ディズニーランドとシーが大好きだ。ここ最近は、年に1回は必ず行っている。不思議なもので、齢をとればとるほど面白さが増しているように感じられる。ディズニーシーのナイトショーである「ファンタズミック!」の数十分前から流れるBGMはとても秀逸でカッコいいと思うし、ディズニーランドのエレクトリカルパレードはそのきらびやかさと技術の素晴らしさに涙を流すことだってできる。

 

最近は、お泊まりディズニーに完全にハマってしまった。閉園ギリギリまで思いっきり遊んで、すぐ近くにあるホテルにチェックインして、窓辺から見渡せる施設を見て余韻に浸りながら缶ビールを飲む。私が今まで体験した中で最も最高の休日の過ごし方の一つだ。パーク内のホテルって、ものすごく高いんじゃないの!?と思われるだろうが、ディズニーオフィシャルホテルの中にも朝食付きで1人1万円程で泊まれるホテルもある。終電の心配を気にする必要も無いし、遊び疲れた中帰る面倒臭さも無いし、お酒も飲めるし、お泊まりディズニーは最高にオススメである。

続きを読む

食レポ#027 つけダレのドロドロさ加減は、もはやスープじゃなくソース"東中野 みそや林檎堂 BASIC"

とにかく煮干しの風味と向き合ってほしい!そんな作り手の情熱が伝わる特農スープが目玉"味玉つけめん"

f:id:tabesaku:20170318091110j:plain

その日、私は用事で人生で初めて東中野駅を訪れていた。せっかくなので、この辺りにある美味しいお店を開拓しようと思い、インターネット上で評判のお店を調べてみた。イタリアンやカレー・ラーメンなど、そこそこ多ジャンルのお店がひしめき合っているらしいことは分かった。その中でも私の食欲に火をつけた素敵なメニュー写真を掲げていたお店が、"みそや林檎堂 BASIC"である。極太麺に背脂の浮いた濃厚そうなスープ、まさに私好みのラーメンに惹かれここに行くことに決めた。

続きを読む

食レポ#026 パスタはトマトクリームソース一択!そんな私も大絶賛!"自由が丘 タヴェルナ メッシーナ"

皿から溢れ出さんばかりのトマトクリームソースの海に溺れたい!"手長エビのトマトクリームソース和え リングイネ"

f:id:tabesaku:20170314181135j:plain

私にとって自由が丘は、昔から何かと縁のある街だった。幼い頃は両親と一緒に家具や雑貨の買い物に連れられて。高校生の時は通学時に通る街として。社会人になってからは、おしゃれなカフェやケーキ屋と出会う絶好のスポットとして。特に高校時代の思い出は、この自由が丘で作られたと言っても過言ではない。今では週5で通うスターバックスに初めて入ったのも、高校卒業間際に当時付き合っていた彼女と一緒に入った自由が丘駅前の店舗だった。

続きを読む

食レポ#025 大阪は、たった350円で芸術的スイーツを生み出した!"元祖アイスドッグ"[大阪編その3]

大阪に行ったら120%食べるべし。アイスの冷たさと揚げパンの熱さのコントラストが生み出した最強プチプラスイーツ"アイスドッグ"

f:id:tabesaku:20170313115226j:plain

大阪の事を少しでも調べた事がある人なら、このスイーツの存在を知っているかもしれない。今まで数多くのスイーツを食べてきた私にとって、究極のシンプルフードでありながら衝撃的な美味しさを感じる芸術的プチプラスイーツこそが、大阪心斎橋にある"元祖アイスドッグ"である。

続きを読む

食レポ#024 実は大阪は寿司もうまい!トロの概念を覆された隠れた名店"大阪 中央市場ゑんどう"[大阪編その2]

数ある大阪グルメの中でも2番目に紹介したかった!それくらいここの寿司は「超」絶品です。"つかみ寿司 上まぜ" 

f:id:tabesaku:20170312085717j:plainSince 2016〜

このブログで紹介したい大阪のお店は、少なく見積もっても20店くらいあるのだが、その中でも2番目に紹介したい程衝撃を受けた味がある。それが、大阪の中心街から少しはなれた大阪市中央市場内にある寿司屋"中央市場ゑんどう"だ。

続きを読む

食レポ#023 年1回ペースで行ってる大阪。数あるグルメの中でも最初にオススメしたいど定番グルメ!"自由軒 難波本店"[大阪編その1]

ドライカレー&生卵という超シンプルな組み合わせなのに、また食べたくなってしまう唯一無二の味"名物カレー"

f:id:tabesaku:20170309190617j:plainSince 2007〜

私が初めて大阪を訪れたのは大学4年の夏、月に1度金曜の夜に開催される"Hook Up!"というダンスバトルにエントリーするためだった(結果はもちろん予選落ち)。その後寄り道感覚での観光で大阪の魅力に一瞬で嵌ってしまい、それから1年に1度のペースで大阪を訪れるようになった。観光の主な目的はもちろん食だが、ファッションやエンターテイメントでも魅力的なスポットは数多くある。

ファッション事情としては、"堀江"というオシャレに敏感な大阪の若者が集うエリアがあり、ここでしかお目にかかれないアイテムも数多く存在する。私は、"ROCKS"というヨーロッパ等から取り寄せたインポートアイテム専門店が一番のお気に入りで、大阪を訪れた際必ず立ち寄るお店の一つだ。

続きを読む