読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タベサクの食レポブログ!

日本(と時々海外)で印象的だったお店の料理を主観全開でレポートします。うん万円する鉄板焼き料理から、メイド喫茶の魔法がかかったスイーツまで!

自己紹介&このブログをご覧頂くにあたって

f:id:tabesaku:20170209011729j:plain

初めまして。TABESAKU(タベサク)と申します。

東京在住の31歳の既婚男性です。

職業はアートディレクター/グラフィックデザイナー/イラストレーターをさせて頂いております。

 

このブログでは、僕がこれまで行った様々な飲食店で食べた物を、一個人の主観をガッツリ踏まえてレポートさせて頂きます。このブログで取り上げるお店は、美味しいという事ももちろんですが、記事にして皆さんに紹介したくなるくらい惹かれる何かがあった店という基準でピックアップしています。

 

なぜこのようなブログを開設する事になったのかというと、元々食べることが大好きだということ。そしてもう一つは、テレビの食レポでの芸能人のコメントのひねりの無さに憤りを覚えていたからです。「わぁ〜!これメッチャ美味しい!」とか、「これすごく柔らかい!」とか、見れば分かるわ!というコメントに正直うんざりで、俺ならもっと上手にコメント出来るのに…と思いながら観ています(テレビを見る事は大好きです)。口だけ批判か!じゃあお前やってみろ!と言われかねないので、それなら自分でレポートやってみるわ!という事で始めたのが当ブログです。

さて、具体的に1店1店の食レポ記事を投稿する前に、私自身の食の好みや価値観について少し触れておきます。こんな価値観を持った人間が感想を書いているんだ…と思いながらブログを眺めてくれればと思います。

 

〈少年期 小〜中学校卒業〉

とにかく麺類が大大大好きで、毎週水曜の夕飯は必ず麺類の日と決めているくらいの大好物で、麺類さえ食べてれば良いとさえ思っていました。当時は、

ラーメン>>そうめん>うどん>>>>蕎麦>>>パスタ

くらいの序列でした。甘い物やスナック菓子も大好物で、よくコンビニで駄菓子を買い食いしたり自宅の冷凍庫にあるアイスをこっそり食べたり…10円〜50円くらいの価格帯の駄菓子は大体食べ尽くしたんじゃないだろうか…。中でもかば焼きくんが大好物でした。結果的に、小5には立派なぽっちゃり男児になっていました。その後ミニバスを始めていなかったら、今頃悲惨な事になっていたかもしれません…。

また、当時はハンバーグやステーキなど、子供だったら皆大好きな物にあまり関心がありませんでした。むしろステーキは、固いし脂っこいしで苦手な部類だったと思います。

 

〈青年期 高〜大学卒業〉

この頃、世の中にはまだまだ自分が知らない食べ物が無数にあるという事実に気付かされます。私の両親には苦手な食べ物がいくつかあり、それらは絶対に食卓には上がりませんでした。大学に進学して一人暮らしを始めてから、友達にすすめられて初めてアボカドというものを食べました。また、今では週5ペースで通うスタバも、実はデビューは遅く、高校卒業間際に当時付き合っていた彼女に連れられて出会いました。初めてフラペチーノを飲んだ時、「なんだこのクッソ美味い飲み物は!」と衝撃を受けたのを覚えています。

大学生活も終盤の頃、私は一時期スタバのヘビーユーザーと化していました。当時ダンスサークルに入っていて、練習場所の近くにスタバがあり、尚且つ可愛い店員さんが居たからです。そこでは毎回コーヒークリームフラペチーノと、チョコレートチャンクスコーンを注文し、フラペチーノに乗ったホイップクリームをスコーンにつけて食べていました。スコーンの皿には必ず蜂蜜を垂らし、時々スコーンの味を変えて楽しんでいました。今だと考えられないくらいの高カロリー食でしたが、ダンスのおかげで全て相殺されていました。週4くらいその組み合わせを注文していたんじゃないだろうか…。おかげで、大学卒業時には貯金はほぼ0になってました。

 

〈社会人編〉

渋谷にある広告制作会社に入社し、実家からの通勤生活がスタートしました。ここから第2のデブ時代が始まります。新人時代の制作会社の仕事はとにかく激務で、夕飯が遅く外食になりがちです。ストレスも溜まるので、間食も増えます。給料が入ってある程度自由にお金を使え、なおかつ渋谷という飲食店の宝庫に勤務していると、必然的に色んな食べ物を口にする事になります。

決定打となったのは、社会人4年目の頃、後に結婚する彼女と都内で同棲生活をスタートさせた時でした。通勤が電車から自転車に変え、体を動かす機会が出来たとつい油断していました。通勤ルートの途中に"gooz(グーツ)"というコンビニとファストフード販売(ベーカリーや惣菜、おお弁当など)を取り扱っているお店があったのですが、私はそこで売っているパイシューにどハマりしてしまったのです。フワフワサクサクの記事の中に生クリームが入っていて、軽快な食感と胃もたれしない食べやすさが魅力的で、しかもこれが全っっっ然飽きないんです。ほぼ毎日3時のおやつに食べていました。他にも色んな食生活の乱れが重なり、結果、体重70kg越え、健康診断ではE判定を喰らってしまいました…。気に入った食べ物を見つけると、飽きずにヘビーローテションしてしまう癖は治さなければいけないと痛感しました。

その後、結婚した妻がまさかの若年性乳ガンになってしまい、妻とともに自分の生き方を見直すタイミングが訪れました。病院できちんと治療することはもちろん、食習慣も妻とともに見直しました。様々な情報を調べ、途中ヴィーガンや極端な食事制限を実践した事もあります。今は、制限はほどほどに何でも食べる生活を心がけています。この出来事がきっかけで、私もかなり薄味の食事に慣れました。また、シンプルな味付けの方が素材の味を楽しめる事も発見しました。

 

このように、その時々で色々な食習慣の変化を経て今の自分があります。相変わらずジャンキーな食べ物も好きですが、健康志向・自然派食品にも関心はあります。

 

とまぁ、こんなに偉そうな事を言っていますが、最初にお断りしておくと、僕自身は美食家でもなんでもありません。むしろ味音痴の部類かもしれません。強いて強みを挙げるなら、普通の人よりも多様な食文化に理解がある事かもしれません。未だにジャンキーな食べ物も好きで食べますし、一方でマクロビに手を出したこともあれば、1食数万円する鉄板焼きのお店にも行ったことがあったり、ヨーロッパの食を堪能したり、メイド喫茶にも足を踏み入れたりもしました。様々な食文化への偏見を一切持たず、この世にある全ての料理を食べ尽くし、それらがどんなものだったかを一個人として皆さんに報告していきます。これからも、このブログを通して皆さんに美味しい料理を紹介する為に新しいお店を発掘しようと思います。

 

よろしくお願いします!