読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タベサクの食レポブログ!

日本(と時々海外)で印象的だったお店の料理を主観全開でレポートします。うん万円する鉄板焼き料理から、メイド喫茶の魔法がかかったスイーツまで!

食レポ#020 最近のマイブームおやつ!週一ペースで入り浸ってます"サンマルクカフェ"

シロノワールが食べたいけど、近所にコメダ珈琲が無ければ、サンマルクでこれ食べれば良いじゃん"デニブラン和風あずき"

f:id:tabesaku:20170308143911j:plain

前に勤めていた会社までの道の途中にあったり、前に住んでいた場所の最寄駅の近くにあったり、習い事先の最寄駅のすぐ目の前にあったり、なぜか私の人生の中で高頻度で出くわすカフェが、"サンマルクカフェ"である。サンマルクカフェと言えばサクサク記事とビターテイストのチョコの組み合わせが素敵な"チョコクロ"が有名だが、他のスイーツメニューも中々あなどれない美味しさだ。街のいたるところにあり、フードもドリンクもリーズナブルなのも魅力である。今回は、最近私が誇張抜きで週に一回は必ず食べている"デニブラン"をご紹介したい。

"コメダ珈琲店""シロノワール"という名物スイーツをご存知だろうか。高さ50mmはあろうかという分厚いふわふわサクサクのデニッシュの真ん中にソフトクリームをたっぷり乗せた、熱さと冷たさの共演が光るコメダ珈琲の代名詞ともいえる看板メニューである(ガチの甘党は、さらにメイプルシロップをダメ押しでかける)

 

コメダの看板メニュー的存在だけあって味は中々のものなのだが、このコメダ珈琲、都内でも中々お目にかかれない。2017年3月現在、東京都内でも45店舗しか存在せず、見つけられたとしても常に相当混雑している。

 

私は、シロノワールのようなスイーツに飢えている人には、代替案としてサンマルクの"デニブラン"を推す。細部の違いはあれど、構造は完全にシロノワールのそれと一緒だ。

 

丸いデニッシュパン+ソフトクリームを基本構造に、プレーンタイプ・いちごタイプ・あずきを添えたタイプ・最近復活したというチョコバナナタイプというバリエーションが存在する。私はその中でも、"和風あずき"味にハマっている。

 

クロワッサン並みにサクサクな記事のデニッシュの上に冷え冷えのソフトクリームを回し乗せ、あずきと抹茶パウダーとメイプルシロップを添えていて、固いパンを切るにはやや小さいんじゃないかと思われるナイフとフォークを使って召し上がる。デニッシュパンに溶けたソフトクリームが染み渡ると、ほどよい柔らかさと甘さになりとても美味しい。まだソフトクリームがそこまでパンに浸水していないサクサクのタイミングで食べるもよし、極限まで待ってソフトクリームが完全に溶けきって染み染みになったタイミングで食べるもよしだ

 

サンマルクカフェでデニブランを週一ペースで食べる習慣が、4ヶ月めを迎えようとしているが、今のところまだ飽きる兆しは無い。一つの食べ物を飽きずにずっと食べ続けられる性格のせいかもしれない。そしてこれからも、しばらくデニブランには糖分とカロリーチャージの為にお世話になるつもりだが、サンマルクの学生バイトの皆さんに一つだけお願いしたい。ソフトクリームの量を統一してくれ!多い分にはラッキーと思うけど、極端に少なく感じる時もあり、とても損した気分になるのだ。今後も食べ続けていく所存なので、そこんとこ何卒よろしくお願いいたします。タベサクより

 

シロノワール再現度:★★★★

満腹度:

冷静と情熱のコントラスト度: